ママのお腹で成長中!エコー写真のオススメの保管方法と注意点

スポンサーリンク

はじめて妊娠が確認されるときにお医者さんから渡されるエコー写真。

エコー検査は、赤ちゃんがしっかり発育しているかどうか、

お医者さんが確認するためにもとても大切な検査です。

ママにとっては、少しずつ大きくなっていく赤ちゃんのエコー写真は、

我が子の成長記録にもなりますよね。

でももらったエコー写真はなんとなく母子手帳に挟んだまま・・・

なんていうママも多いのではないでしょうか?

実はエコー写真は普通の写真と違って、時間がたつと色が薄くなり消えてしまうのです!

エコー写真に使われている紙は「感熱紙」と呼ばれるもので、レシートなどにも使われています。

紙の表面に加工された特殊な薬品が熱に反応して印字される、という仕組みです。

この感熱紙は光に弱く、直射日光に当たると変色してしまいます。

光と熱に反応してしまうエコー写真を、綺麗に保管しておくオススメの方法をご紹介します。

【目次】
  1. フォトアルバムに綴って保管する
  2. ラミネート加工する
  3. データ化して保管する
    まとめ


1 フォトアルバムに綴って保管する

はじめにオススメするのが、普通の写真と同じように、

保護フィルムのついたアルバムに挟んで保存する方法です。

アルバムは閉じて本棚で保管するので、熱と光を防ぐこともできますよね。

アルバムには、そのときの赤ちゃんの様子や、

ママの体調など、一緒にメモを挟んで記録している人もいるようです。

2 ラミネート加工する

次にオススメするのがラミネートで加工して保管する方法です。

このとき注意しなければいけないのは、

熱を加えるラミネートはエコー写真が真っ黒になってしまうことです。

100円ショップなどに売っている手貼りのラミネートを使うようにしてください。

3 データ化して保管する

これが一番エコー写真を綺麗な状態で保管できる方法です。

最近ではエコー検査をUSBデータにしてくれる産院もあるようですが、

家のプリンターでもエコー写真をスキャンして、データ化することが可能です。

プリンターがない場合は、エコー写真をスマホやカメラで撮影してデータとして保存しておくこともできます。

スマホに入れておけばいつでも見返すことができて便利ですよね。

「データ化しただけではなんだかもったいない!」という人は

写真用紙にプリントアウトしたり、フォトブックアプリで一冊にまとめてみるのもオススメです。

1年分12枚の写真で作る【TOLOT卓上カレンダー】

まとめ

エコー写真のオススメ保管方法を3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

将来子供が大きくなったときに、一緒にエコー写真を見返すことができるのはとても素敵なことですよね!

ぜひ参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました