2021年の初詣。コロナ対策をすれば大丈夫?そもそも初詣の意味は…?今年の初詣の注意点。

スポンサーリンク

新年を迎えるにあたり、お友達や家族と初詣を検討している人もいるかと思いますが、初詣にはもともとどんな意味があったのでしょう?
少しでも知ってからお参りすると、気持ちも変わってきますね。

また、今年はコロナの影響もありますから、出かける前に検討した方が良い注意点もあります。

ぜひこの記事を読んでから、今年の初詣をどうするか決めてくださいね。

初詣の意味って?

初詣にはどんな意味があるのでしょうか。

初詣は、新しい年を迎え、神様に「昨年はありがとうございました!新しい年が良い年になりますように…」と、その年の最初にお参りをすることを、初詣と言います。そのままの意味ですね…

しかし、元々は『年籠り』というのがあったそうで、それが現在の初詣に繋がっているんですって。
年籠りって?って感じですよね。

調べてみたところ、年籠りについて詳しく書かれているサイトがありました。

初詣の元々の由来と言われている行事の一つに『年籠り』があります。年籠りとは、「村や家の長がその地域の氏神様が祀られている社寺に大晦日の夜から元日の朝まで寝ずに籠もること」を言います。不眠不休で祈り続けるのが決まりですが、「うっかり寝てしまうと白髪やシワが増える」という言い伝えもありました。現在、日本には年籠りの風習は残っていませんが、中国の旧正月(春節)には前日の大晦日から眠らずに過ごす『守歳』という風習があります。年籠りはやがて、大晦日の夜と元日の朝に社寺を参拝する行事の2つに分かれるようになりました。

着物大辞典 きものコラム【浅草】初詣の由来について

不眠不休で「うっかり寝てしまうと白髪やシワが増える」…ちょっと大変じゃないですか!
二つに分かれて良かったですね。

ちなみに、大晦日の夜にお参りするのが『除夜詣』で、元日朝は『元日詣』(現在の初詣)とのこと。
今でもどっちもお参りする地域もあり、その場合は『二年参り』というそうです。

本来は、家から見てその年の恵方の社寺にお参りしていたそうなのですが、交通の便が良くなったので有名な社寺にお参りに行けるようになり、現在は方角には関係なくお参りするようになったそうですよ。

ここには、鉄道会社のPRも影響していたようなんですが、その鉄道会社、今年はコロナの影響があって注意が必要なんです。

ビューリンR ミストセラム

今年のお参りは情報収集が必要!混雑を避ける検討も

ニュースなどで知っているよ!という方も多いかも知れませんが、今年はコロナの影響が大きく、鉄道会社もいろいろ対策を考えているようです。
また、新型コロナ感染症対策として要請をうけ、終夜運転を中止している鉄道会社もあります。
神社でも、対策として電子おみくじなどを用意している神社も…

昨年とは異なりますので、初詣を検討している方は、神社や鉄道会社のホームページに掲載される情報をチェックしてくださいね。

それから、初詣は『その年の初めてのお参り』ですから、大晦日や元旦ではなく、別に日にお参りすることも検討しましょう。
松の内に…という気持ちもあると思いますが、混雑は避けた方が良いでしょう。
有名な社寺でなく、本来の意味の地元の氏神様にお参り…というのも検討すると良いのではないでしょうか。

お参りのマナー

ところで、神社についたら…どうするんだっけ?という人も多いんじゃないでしょうか。

鳥居から先はとても神聖な場所。くぐる前に一礼するのがマナーです。
また、参道の真ん中は神様が通るところなので、端を歩きます。(お寺は真ん中を歩いても大丈夫です)

初詣でなくても、神社へお参りに行く時は、マナーを守って参拝しましょう。

※今年はコロナで混雑具合は分かりませんが、神社の方に従ってお参りしましょう。

<手水の手順>
1.右手でひしゃくを持って、左手に水をかけて清める。
2.左手に持ちかえて、右手を清める。
3.もう一度右手に持ち、水をすくって左の手の平に少し水をそそぐ。口に含んで軽くすすいでから出す。
※ひしゃくに少し水を残しておく。
※ひしゃくを口をつけない
4. 左手に少し水をかける。ひしゃくを立てて、残っている水で柄を流す。

<拝礼の手順>
1.二礼:深いお辞儀を2回。
2.二拍手:拍手を2回。
3.手を合わせてお祈り。
4.一礼:最後にお辞儀。

※神社によって違う場合もあります

まとめ

お友達と初詣を検討している人もいるかと思いますが、今年はいつもとは違う年越し。
しっかり情報収集して、初詣は慎重に検討してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました